スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月--日  スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

まざーろーど。

スタッフ~!の子がインフルエンザにかかってしまい、

まさかの2月まで休み無しじゃね?的状況に追い込まれている自分です(o´ω`o)ヒャッハー!


ROUTE 66

専門学校の最初の自己紹介の時、将来の夢を語る事になり、もちろんみんなは、

「インテリアデザイナーで空間の演出を…」「照明デザイン」

「インテリアコーディネーターになる事」「店舗設計を…」等々まともな夢を語る中、

自分はと言いますと…

『将来の夢は、アメリカのRoute 66を横断する事☆』


シ~ン。

何故こんな厨二的な事を言ってしまったんだろう…

穴があったら入りたかったw



かれこれRoute 66には10年以上片思いをしている訳です(*´ω`*)

Route 66の存在を知ったのは、自分が小学生の時。確か高学年ぐらいだったかな?

ちょうど冬休み期間中で、たまたま夜中にTVをつけたら、

山本太郎が、デコトラで?(記憶が曖昧…)Route 66を横断していた気がする。

山本太郎…まあ、好きでも嫌いでもないから見るとするか。

やっぱ最初はあの派手なデコトラに圧倒された訳でw

(↓あくまでも全てイメージ写真ですw)

デコトラ

なにこれ、カッケーってなり!w

↓車ブッ刺さってる!スゲー!ペイントイカす!とテンション上がり!

ROUTE 66 1

現地のおばちゃん、おじちゃんがフレンドリー過ぎてカルチャーショックを受け!


↓グランドキャニオン…でけー…(`・д´・ ;)てか山本太郎騒ぎすぎだろ!とツッコミ。

グランドキャニオン

↓めっちゃ夕日がキレイだ…と感動し。

ROUTE 66 2




なんか…自分てちっぽけだ…(´・ω・`)




なーんてありきたりな感想で終わった訳ですw

でも、たぶんこの番組を見ていなかったらRoute 66には興味は持たなかっただろうし

古き良きアメリカとか、スケールのデカい大自然だとか、景色モロモロ、

外国にすら興味を持たなかったかもしれない。

洋楽を聴くようになったのも、きっとRoute 66の存在はデカかったと思う。



いや~!一生に一度は行ってみたい地ですね。

今度は自分もMyカメラでRoute 66の写真を撮れる日が来る事を願って!

明日からもえっさえっさと働き虫になってやるさ( `・ω・´)




※スミマセン。コメントの返信は今日の夜にしますね(o´ω`o)ちゃんと読んでますよ~!



月26日  ROCKなXXX   コメントをする(0)   trackback(0)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://e22e.blog10.fc2.com/tb.php/251-9794cb5f

PROFILE

E゜22

Author:E゜22

C A L E N D A R

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

CATEGORY

QR Code

QR

キ ボ ウ の カ ケ ラ

Dear My Rock'n Friends

ブログ訪問ありがとうございます!
ゆっくりしていってくだしあ(o´ω`o)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。